ハウスメンテナンス部

    リフォームとメンテナンス

ミスターマッコイズでは、ハウスリフォームからメンテナンスも行っています。一般住宅の壁クロスの張替やクロス塗装、水回りのリフォームなども行っています。また雨樋の修理や外壁の汚れ落としなどお気軽にご相談ください。通年を通してのお家のメンテナンスも行っていますので是非お問い合わせください。

弊社代表は住宅業界に長く在籍し特に欧米住宅に精通しています。輸入住宅産業協議会のライフスタイルプランナーの資格を有し、ハウスクリーニングなどで時々洋風住宅のお客様宅にお伺いする機会もありドア関係や、窓などの痛みがひどく,どこに頼んだらよいか困っていると,ご相談を受けるときもあります。輸入建材の入手方法や改修まで、本業はハウスクリーニングですが、だからこそ、各分の傷み具合や、不具合などが把握できるのです。状況に応じてご相談をお受けしていますのでお気軽にご相談ください。

メープルの床と白い大きな窓のある明るいダイニング

白を基調に明るく開放的なダイニングに変身!

子供の成長で背丈が伸び今までのダイニングが手狭になった機会に思い切ってダイニングの改修を検討し、いろんな業者さんに提案してもらいました。たまたまハウスクリーニングで訪問していただいた、ミスターマッコイさんに相談したところ、こちらが望む思い描いたダイニングを提案してもらいました。提案していただいたラフプランがとても素敵で一目で気に入ってしまったのですが、マッコイさんでは直接施工は、人手の関係で、現在できないとのことで専門の業者を紹介していただき、マッコイさんには、現場の管理と建材の手配を行っていただきました。こじんまりして薄暗かったダイニングもどこか一流シェフのいる洋風レストランのように変身し感激しました!

白いキッチンが優雅さを演出します!

アメリカ【ホライゾン社】の魅力は、デザイン性の高さにあります。どの角度から眺めても隙がない.どこから光があたっても、それを優雅に受け止め、美しく輝きを持って答える。白は解けるような艶やかさを持ち、銀色に輝いたWater faucetは吸い込まれるような、そしてプライドを感じさせる光を放つ。

なめらかに流れる水滴、そのひとつとっても【ホライゾン】にしてよかったと思える。料理をし、家事をこなすキッチンでは、そんな些細な発見も大きな喜びに代わる。そこに立つことがこんなに楽しい気分になるキッチンは他には知らない。そんなもどかしさを他のメーカーは感じているのではないだろうか。

キッチンルームは奥様の至福のお城

アイボリーと淡いグレーが織りなす、ニュアンスのあるダイニングキッチン、白を基調としたカナダ製のメリットキッチン、月日が経つことに変化する家族構成を機会に大胆なリモデリングを決行!

室内をアレンジするだけで雰囲気ががらりと変わる、隣の部屋をくり抜くことによる、柔らかなアーチがアメリカンスタイルにガラリと変身、アイボリーに輝くメリットキッチン、天板の石の素材にもこだわった奥様、キッチンまででは一つの連続した空間、家の中の移動だけでもリズム感が心地よく、広い空間が楽しめます。

 

洗面所の改修リフォーム例

B邸の古くなった洗面所を改修リフォーム工事を行った例です。工事前の写真

洗面台を撤去して、床や壁クロスをはがしている写真です。いよいよ工事開始です。

完成した洗面所です。洗面台は幅900タイプのシングルシャワーステンレス水栓です。壁部分の下は大理石調のタイル張りで、クロスとの境にボーダーでアクセントをつけました。

ドア側から浴室ドア方向の写真です。床はクッションフロアーから、大理石のタイルにし、壁の大理石調のタイルとのバランスを取り全体的に清潔感のある明るい感じを提案しました。

海老名市の築20数年のマンション内装リフォーム工事例

海老名市在住のI様、子供たちも独立し、ご夫婦+(猫ちゃん)での生活を楽しんでいます。毎年ハウスクリーニングのリピートをいただき、とても信頼をいただいています。

今回、ハウスクリーニングではなく、お家のリフォームのご相談をいただき、玄関から廊下、各部屋のドアやバイフォールドドア、床等々、部屋全体のリニューアルをご検討とのことでした。実際に、マッコイズの施工事例をご紹介したところ、マッコイズさんにおまかせしたいということになりました。その後弊社提携協力業者も交え、何度も打ち合わせを行いながらご希望の仕様が決定しました。工期は3週間ほどかかりましたが、価格と施工の仕上がりの良さにI様も大満足のご様子でした!(猫ちゃんは不機嫌でした)

Before)

玄関ホールからリビングルームに向かう通路の折り戸ドアが旧式の鉄板ルーバー折戸で、少々さびに汚れが混じり暗いイメージがありました。また、床材が、クッションフロアーで、見た目デコボコな感じがしてました

After)

鉄板のルーバー折戸を木目の美しい、パナソニックの大型折戸(3600)に変更し、床材もクッションフロアーから、吸音使用の木製フローリングに変更しました。見た目も以前のデコボコ感がなくなり高級感が出ました。

Before)

玄関側から見たホール通路です。床の横に貼ってある幅木風のビニールもあっこっち剥がれかけていましたので、幅木も木製に変更することにしました。

After)

ご覧のように床のフローリングも木製に変更し、大型の折り戸ドアに変更、壁のクロスも本来は、縦に貼る縦じま模様のクロスを横に貼り横縞風で高級感を醸し出しました。壁の絵画もご覧のように、引き立ちますね!

Before)

こちらは和室です。和室もホールと同じように鉄板のルーバータイプの折り戸です。壁紙も昔風の、和洋室的です。また、畳や、縁甲板も黒ずんでいましたので、全体的に襖も含めてリニューアルしました!

(After)

リニューアル後の和室です。

壁クロスの張替、入り口のドア交換、折戸を木目模様の高級感のあるドアに変更、戸襖や、縁切り板を桧の物に交換し、畳も新しいものと交換しました。

Before

和室部屋全体から見たリニューアル前の感じです。

 

After)

和室部屋の全体から見たリニューアル後の感じです。いかがですか?

(お打合せ風景

I様と打ち合わせ風景です。

現場監督と大工さんも交え、I様ご夫婦にCADで作成したマンションの間取り図をお見せしながら仕様決めや変更箇所など、大工さんの意見を聞きながら進めてまいりました。

 

Before

ホール中央のクローゼットの折戸ドアが、鉄板の折戸ドアで、ルーバー部分も少々さびが出てきてしまっていました

After)

ホール中央のクローゼット折戸ドアをパナソニックの木目調に変更しました。

ちなみにドア下の猫ちゃんのトイレも、工事中あっちこっちに移動され、ご機嫌ななめでした。ごめんね!

(Before)

玄関の暗いイメージを変えるために、現状の割石風のフロアーと框なども変更することにしました。

 

(After)

玄関の床材を明るめのものに変更し、框部分も木部の四角い部分が丸く削られ古くなっていましたので新しく交換しました。

新しい木製吸音材フローリングも高級な雰囲気を醸し出しています。

大工さんんの作業風景です。

恥ずかしがり屋さんで、写真を写そうとするとどうしても顔を隠されてしまいうまく撮れませんでした。(ちなみに昔のイケメンですよ!)

リビングドアも八個穴ガラス入りで昔風のドアでしたが、高さが低く既存の物では対応できないため、特注で各室のドア同じ木目の細め一本ガラスドアでリニューアルしました。

(Before)

こちらは主寝室は以前お嬢様のお部屋でクローゼットの棚やドアも特注で作られたそうです。壁紙はコンクリート打ちっぱなし風クロス壁で部屋が全体的にグレーで統一されていました。床のカーペットも猫ちゃんがイライラで?かきむしっていたみたいで毛羽たっていました。

カーペットは、消音効果のある厚めのものに交換することにしました。

、(After)

奥様のご希望と弊社代表のプレゼンで全体的に落ち着きとアクセント感のある部屋のイメージでご提案させていただきました。

特注のクローゼット部分のドアも専用壁紙で施工し、まるで交換したかのような仕上がりになり、また入り口のドアも交換し、壁紙は左右非対称にすることでアクセント感を演出しました。

 

 

Before)

こちらは作業前の感じです。ドアがプレーンタイプのベージュでペンキを塗った感じでした。

(After)

こちらは作業終了後の感じです。

大和市K邸リビングダイニングのクロス塗装工事実例

リビングの壁クロスが煙草のヤニや、カビで変色してしまい、貼り換えるかどうか悩んでいました。また、家族の一員でもある猫ちゃんが壁をあっちこっちひっかいてくれたおかげで、クロスが破け、悲惨な状況でした。今回はいつも故意にしていただいているK様からのご相談で壁にカビが発生しにくい塗装を施すことになりました。また、猫ちゃんが壁をひっかいても簡単に補修できる便利さもクロス塗装をご決断するきっかけになりました。

壁のクロス塗装の場合、このように煙草のヤニや生活汚れなどでくすんでしまいます。そこで壁全体と床を養生したうえで汚れを落としていきます。汚れを落とした後は、クロスの補修を行っていきます。

壁の部分に汚れた部分が浮き出ていますが、これは絵画を掛けていた部分が煙草のヤニで浮き出ています。これらを特殊エコ洗剤で落とし、その後クロスの細かい破れや、小さな傷を補修します。

壁の汚れや、補修が一通り終わったら、下地材のシーラーを塗っていきます。下地材は透明とホワイトがありますが、塗りの残しが無いようホワイトで塗っていきます。

下地材を塗らなくてもよい塗装ですが、やはりシーラーを塗ることで塗装の接着性が高まるため壁一面に塗っていきます。そして完全に乾燥させます。

いよいよ本塗です。I様ご希望でロイヤルミルクティー色を選ばれました。塗料を丁寧に塗っていきます。乾燥したらもう一度上塗りをします。結構手間がかかりますが、仕上がりが違います。

この日は4月最後の日だったのですが、気温が上昇し、6月下旬並みと天気予報ではいっていました。汗が噴き出て熱中症との戦いでした。ちなみに塗料は水性の無臭タイプで抗菌剤が入っています。

2度塗りが完了した写真です。いかがですか!是非現場を見ていただきたいくらいの出来栄えです。クロスを貼り換えるのと違い、好みの色を塗ることで、満足度が違います。

お客様もここまできれいに仕上がるとは想像していなかった様子で大変ご満足のご様子でした。補修用の塗料もお渡しし、猫ちゃんがひっいても簡単に補修ができるとよろこんでいらっしゃいました。

ハウスメンテナンス、リフォームサービスの流れ

お問合せ

平日は時間がないという方も安心です。

。お電話かメールでのお問い合わせになります。

メンテナンス、リフォーム関係は、なるべくメールでお願いします。細かい内容などはお電話ですと話の流れの中で聞き漏らす場合もございます。現在の状況や困っている場所、具体的にどの場所をどのようにしたいのか、お客様の思いをお話し下さい。

無料相談

お客さまとの対話を重視しています。

お客さまとの対話を重視することがモットーです。お客さまのお話にじっくりと耳を傾け、時間をかけて丁寧にヒアリングいたします。

無料見積

弊社はフォロー体制も充実しております。

弊社では、お客さまにご納得いただけないままお手続きを進めるようなことは一切ございません。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付けください。

           ごあいさつ

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。