ミスターマッコイズはエアコン取外後工
場に持ち帰り完全分解フルクリーニング
施行後再び訪問取付工事までを行います。

東日本大震災の翌年からこのお仕事を始めました。コツコツと長くやらせていただいていると、今度は新型コロナウイルスで大変な状況になりました。そんな中でも固定のマッコイズファンのお客様が徐々に増えていただけるようになりました。「大変だけど頑張って」「エアコンのことならマッコイさんですべてお願いすることにしてるよ」という嬉しいお言葉を多くお受けするようになりとても光栄に思います。長くやっていて良かった。感謝とともに今後も益々お客様に喜ばれますように、エアコン脱着完全分解フルクリーンングならMr.McCoy'sと言われるように技術と安心のサービスをお届けできますよう努力して参ります。

 

日立(白くまくんお掃除機能タイプ)ファンの後ろは壁に付いた状態での洗浄ではここまで綺麗になりません。

分解後洗浄前のエアコン内部ファンの後ろ、カビだらけです。でも、半年前に他社さんで壁に付いた状態で洗浄してもらったとの事です。臭いがどうしても気になり弊社にご依頼がありました。洗浄後はこのように新品のように生まれ変わります。大変感激していただきました!

こちらは同じようにファンの汚れです。日立のお掃除機能付エアコンの場合ファンが白い為、完全に取り外した後、特殊ブラシで一枚一枚丁寧に黒いカビを落とさないと、どうしても洗い残し黒いカビがしみ込んで残ってしまい、完全には落とせません。残って染みついたカビはまたすぐに繁殖してしまいます。特殊洗剤に漬け込んでから汚れを根こそぎ落とし完全に強制乾燥させないとカビはまたすぐに発生します。左上が洗浄前で右上が洗浄後の写真です。

弊社ではここまで完全に分解します。(写真)富士通ノクリアAS-X56E2 ノクリアXシリーズ部品点数が多くとても時間がかかりますが、ここまでばらさないと完全に綺麗にはなりません。※写真をクリックすると画面が拡大できます。

富士通ノクリアAS-X40F2こちらも構造が複雑なXシリーズです。

下の写真は三菱霧ヶ峰MSZ-FZ7116S

特に部品点数が多く時間がかかります。W熱交換器になっていて表面はそれほど汚れていませんが裏側にはカビが多く発生していました。

 

下の写真は日立エアコン白くまくんRAS-X40F2お掃除機能付タイプです。こちらも分解に時間がかかります。

このように複雑で難しい他社ではあまり手を出さないようなお掃除機能付タイプを得意としています。ここまでばらして徹底的に洗浄しないとエアコンは綺麗にはなりません。壁に付いた状態でのクリーニングは気休めでしかありません。

上の写真はエアコン完全分解クリーニング完成後、古くなって艶がなくなった部分にワックスコーティングを行っているところです。マッコイズに依頼されるお客様は最新機能付お掃除ロボットをご依頼される方が多いです。右の画像は、一度に5台の注文で日立白くまくん最新お掃除機能付と三菱霧ヶ峰最新お掃除機能付2ファンタイプで、完全分解するためには高い技術力が要求されます。完全分解の老舗会社、信頼の証ですね

 

 

作業中は転送電話にて対応しています。そのため電話に出られない場合もありますので、間をおいてお掛け直しください。

壁に付いたままの洗浄とは「全くレベルが違います」。エアコン取外し後、持帰り自社工場で完全分解してから洗浄しますので、ほぼ完ぺきに汚れやカビが除去できます。エアコンの裏側は、取り外さないと汚れは取れません。特に冷房時の排水を受けるドレン皿はレジオネラ菌が繁殖しやすい場所になるため必ずはずしてクリーニングが必要となります。

エアコン完全分解クリーニングは「経験豊富な技術力」で注目されているミスターマッコイズでいかがですか!エアコンを1度壁から外し持帰り分解洗浄で究極の「完全カビ・ダニ除去」乾燥機による完全乾燥をお勧めしています。これにはそれなりの設備が必要とされます。エアコン本来の性能を取り戻し、壁に付いたままの洗浄とはリフレッシュ感と風量や臭い綺麗が全く違うことを実感してください。
 

熱交換器(エバポレーター)がここまで汚れると冷暖房の性能が極端に悪くなり電気代も上がります。また体にも悪い菌が放出されます。

ドレン皿を外した写真になります。冷房時ここは常に水がたまり、いろいろな雑菌の温床になっています。必ず洗浄しなければならない場所です。

ここにたまったカビやダニの死骸がファンが回るとともに室内に放出されます。表面の汚れより内部の汚れが危険です。

徹底的に汚れを落とすのがミスターマッコイズの完全分解クリーニングです。手間はかかりますが、新品状態に戻す努力は惜しみません。

カビやダニ、ほこりなど乾燥してくっついた汚れなどは、いきなり高圧洗浄であらっても汚れは落としきれせません。マッコイズは特殊洗剤に1時間ほど漬け込んでから洗浄します。

危険!!最近の異常気象は猛暑や大雨などが多くなり、エアコンの冷房や除湿機能を頻繁に使用することにより、エアコン内部のカビが増殖しています。テレビなどでもエアコンの使用に関する注意が喚起されています。特に昨年の猛暑で「アスペルギルス菌が増殖活性化!と報道されました。」また、今年熊本地裁での空調から発生したレジオネラ菌は、エアコンのドレン水受け皿で繁殖する場合があり、特に排水の悪いドレン管などがあると水の流れが悪くなり、水温20℃~45℃の範囲で活発に活動しレジオネラ菌の繁殖に適しているとされています。レジオネラ菌は健康な成人が発症することは少ないといわれていますが、免疫力の弱い新生児や高齢者、病人などが感染すると咳や発熱、悪感などの症状が現れる場合があり時には重篤になる場合もある。

「ちょっと難しい話」

「生乾き菌」青いカビは、「アスペルギルス菌」
てご存知ですか?壁に付いた状態でのエアコンクリーニングの場合、落としきれなかったカビや汚れなど「生乾き状態で作業を終了」するため、残ったカビや雑菌などがまた短期間で繁殖します。夏場の体調不良の原因は、クーラーから噴き出る「カビ菌」を吸い込むために、気管支喘息やアレルギーなどを引き起こします。また免疫の悪い人が吸い込むと最悪肺炎に似た症状が出て、死に至る場合もあります。臭いの原因カビやダニの汚れを完全除去するには「丸洗い完全乾燥」が必要です。だからエアコン持帰り完全オーバーホール洗浄が有効なんです。

究極の「完全カビ除去・汚れ除去」を行えるのはエアコン脱着で、持帰り完全分解洗浄、完全乾燥だけです。

通常のエアコンクリーニングはエアコン室内機本体を壁に付けた状態で、前面カバーを外し、養生を行ってから高圧洗浄機でバケツに入った洗浄液と洗浄液を落とす水を入れたバケツを用意して作業を行います。その方法ではエアコン内部の細かい部分に残った汚れやカビは取れません。また、完全乾燥をしないで水分を残したまま終了しても残ったカビはまた繁殖を繰り返します。

ミスターマッコイズの脱着完全分解クリーニングならすべて解決します。

シャープお掃除機能付エアコン分解後クリーニング前 (写真をクリックすると拡大)

シャープお掃除機能付エアコンクリーニング後 (写真をクリックすると拡大)

水を大量に使い洗剤を完全に落とし、乾燥器で完全乾燥がマッコイズの基本です。

最近お問い合わせの中には、いわゆる脱着せずに「壁に付いた状態での完全分解」のお問い合わせがありますが、壁に付いた状態での分解の場合、熱交換器を傷つける割合が多くまた、現場での清掃の場合どうしても時間の制限があるため、完全に乾燥させることが困難となります。特に熱交換器の複雑な構造の隙間に付いたカビなどは落としきれない場合が多く、また生乾き状態で組み付けるため残ったカビがまたすぐに繁殖を始めます。脱着完全分解では、専用工場にて「分解・漬け置き・高圧洗浄・ブラシ洗浄・水洗い・ブロー乾燥・乾燥室での熱乾燥・組み立て」等の作業を行い最終本体カバーのWAX掛けを行い、梱包終了となります。これで100%カビやダニの糞などの汚れや臭いはなくなります。(ただし電装品は洗浄できないため埃や汚れは布やブローで取り除きますが、電装品に付いた匂い等は残る場合がございます。)

「臭いが消えた!」「ここまできれいになるとは!」「風量も購入時同様改善した!」
お客様から驚きと感激の言葉を沢山いただいており本当にありがとうございます。
1度完全分解クリーニングを行うと通常のご使用状態で、約4~5年はクリーニング不要です。※(但し既存のエアコン取り付け場所や使用環境によっては1シーズンか2シーズンでカビが発生する場合もあります。)
※クリーニング終了3か月位経過したら通常のフィルター清掃はお客様が行っていただきます。「お掃除機能付きは除きます」また冷房を使用後はなるべくエアコン内部の乾燥を行っていただくとカビの発生が大幅に軽減されます。

問題がスムーズに解決、長文ですが参考になります。

自分にぴったりのエアコンクリーニングサービス店を見つけることができました。とうれしい便りが届いています。家族の健康と安心のこのサービスを実感してください


また、限られた時間での洗浄では落とせない染みついた汚れやカビは、一見きれいなったように見えますが、実はまだまだたくさんのニオイや汚れがのこっているのです。それを取り除くためにはある程度時間をかけて特殊洗剤に漬け込むことが必要です。そして浮き上がってきた汚れやカビなどを洗浄機や細かいブラシなどで入念に落としていきます。綺麗に落とした後入念に水洗いを行い、乾燥器に入れて完全乾燥を行うことで匂いはなくなります。カビもなくなります。時間もかかります。

今までいろんなところでエアコンクリーニングをお願いしたけど、自分が思ってる以上に綺麗になっていない、カビ臭い匂いが残っている気がする。そんな悩みは弊社の完全脱着持ち帰り、自社工場で完全分解クリーニングで裏も表も見えないところもすべて綺麗に解決します。

McCoy'sでは、何故エアコン脱着完全分解クリーニングにこだわるのか、それには訳があります。

通常のエアコン室内機を壁に付いた状態での分解クリーニングや 少し高度な、壁に付いた状態での完全分解のような、限られた時間での分解クリーニングでは、長い間しみついた汚れや(変色は除く)生活臭の匂い、熱交換器内のカビ(表面洗浄)などでは取り除くことは困難だという事が分解クリーニングを長い間経験してわかりました。

エアコンは、6畳用~30畳以上まで、また、お掃除機能付きのような複雑な部品構成など様々なタイプがあります。通常のエアコンクリーニング業者が使用する高圧洗浄では、大型の5kw~7kwのエアコンなどはエバポレーター(熱交換器)部分の細かいフィン内部のカビや汚れは落とせません、ただ濡らすだけです。大型には大型専用の高圧洗浄機を使用しなければなりません。通常のエアコンクリーニング業者の場合一機種のみの洗浄機しか持参しません。 作業的に1回の訪問で短時間で終了するのと、2回訪問し取外し取り付け(専用工具を使用したエアパージやポンプダウン)を行ったり、外した高圧パイプの補修作業など手間はかかりますが、完全にきれいにするにはこの方法しかないことを学びました。高度な技術が要求されます。  

 

Mr.McCoy'sでは親切・丁寧な対応をモットーとしております。現在お使いのエアコンのご相談などございましたら、どうぞお気軽にご相談ください。

サービスの詳細はこちら

エアコンの送風ファンの汚れが詰まった写真です。一般的な壁に付けた状態で養生カバーの下から高圧洗浄で吹き付けて洗ってもファンが高回転で空回りするため表面しか綺麗になりません。やはり外してから、洗剤液にしばらく浸した後で丁寧に奥まで洗浄することが大事です。

東芝やダイキンなどはドレーンパン(エアコンから出る水分を受け止めるお皿)などは完全にばらさないと一体になっているため外れません、壁に付けた状態でのクリーニングでは落とせません。不可能です。また、送風ファンの奥や熱交換器を支えるカバーも、通常のクリーニングでは落とせません。

画像をクリックすると大きくなります。

壁に付いた状態でのエアコンクリーニングで注意したいのは、例えば、お掃除機能付きエアコンの場合、業者によっては、お掃除ユニットを外さないで(簡易分解)済ませてしまう業者もいます。たとえば、お掃除ユニットを外さないで(機種によっては複雑なため)クリーニングした場合、熱交換機の中の汚れは綺麗には落ちません、カビや汚れは残ったままですのでご注意ください!

左の写真は、お掃除機能付エアコンの表面カバーを外した写真です。このようにとても複雑な機能になっているため、ある程度の経験と技術が要求されます。下の写真は分解し終えたばかりの状態です。これから洗浄しますが、分解、洗浄、組み立てと、とても神経を使う作業になります。

※最近他のホームページで、「本当のエアコン取外し完全分解洗浄は東日本エリアで当社だけ」という大きな文字で歌っている業者もありますが、本当のエアコン分解洗浄って当社とどこが違うの?もしかして、電装部分も洗うの?と思うような「誇大文字」がありビックリ!弊社の数の多い実例写真を見ていただければ本当か、そうでないか判断できると思います。

 

McCoy'sはエアコンを取外し自社工場で完全オーバーホール(徹底丸洗い)だから安心!


エアコンの本体部分の熱交換器とファンを外した本体カバーの状態です。特にファンの後部分のカビや汚れなど、表面カバーだけを外したクリーニングでは落としきれません。

大手家電店や大手スーパー、一般のハウスクリーニング会社が行う「エアコン分解洗浄クリーニング」と呼ばれている分解洗浄とは、前面パネルだけ外して、電気系統を養生し、ビニールカバーをかけて洗浄する方法が一般的です。弊社も同じ方法で洗浄を行っていますが、やはり壁に取り付けた状態でのエアコン洗浄には限界があります。壁付けのままの高圧洗浄クリーニングと、取り外し完全分解クリーニングでは洗えるレベルが全く違います。もともとエアコンのメーカーではエアコンを完全分解して洗うことを想定していない商品ですので、新しいエアコンを取り付けする場合の作業説明や使用説明のマニュアルはありますが、完全分解のマニュアルはありません。  

ミスターマッコイズはエアコンクリーニングを長年経験し、そこで積み重ねた経験やノウハウの技術があるからこそ、このような家庭用エアコンの完全分解クリーニングが実現できるのです。エアコンの室内機を取り外し、「最短3~4日、平均1週間」お預かりして、室内機本体のカバーだけでなく電気系統、熱交換器、送風ファン、ドレパン等々すべてを分別解体し、スミズミまで丸洗いします。(※注:電気系統は洗えませんので、電気系統に付いた匂いは残りる場合があります。抗菌剤入りの洗浄液と高圧洗浄機、ブラシなどで丁寧に丸洗洗浄した後、洗剤を水道水でジャブジャブと丸洗いで落とします。その後に完全乾燥のため、天気が良ければ天日干し、曇りでも乾燥機を稼働させます。そして完全乾燥させその後に防臭防カビ剤をコートし組み立てていきます。組立終了後は各部のチェックし、「ほぼ新品状態でお届けできます」但し経年劣化を元には戻せません、新品にはなりませんのでご注意ください!

エアコンが壁についた状態での洗浄でも技術のある職人なら相当きれいな状態にできますが、どうしても時間的に1時間半から2時間の時間では奥にたまった水分や、ホコリ、黒カビなどは完全に取り去ることは不可能です。高圧ドライヤーで水分を飛ばしても短時間で完全に乾かすのは不可能です。「生乾き状態」で多少カビやヨゴレが残った状態でカバーを取り付けて完了するのではどうしても隅々に残ったヨゴレは取り去ることができないのです。少しでも残ったカビ菌は生乾き状態ですのでまたすぐ繁殖していきます。また、安ければいいと価格だけで業者を選定するのも不安材料の一つではないでしょうか。

完全分解丸洗いクリーニングでのメリットは、冷暖房の熱交換率が高いレベルで改善できます。またエアコン吹き出し口からの風量改善や、カビ菌の排出量が90%~100%なくなります。また光熱費や風量の改善に大きく期待がもてます。

健康のメリット、小さなお子様や、お年寄りの方、アレルギーや、気管支の弱い方などのいらっしゃるご家庭は完全分解持ち帰りクリーニングをお勧めします。

           ごあいさつ

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。